2010年04月27日

外国人参政権 報道、危機感乏しく(産経新聞)

 永住外国人への地方参政権付与を鳩山内閣が進めている問題で先週末、1万を超える人が集う大規模な反対集会が開催された。一様にメディアはこの集会を報じたものの、わが国の根幹を揺さぶる重大事として警鐘を鳴らす記事に出合うことは少なかった。背景にはメディア自身がこの問題への危機感が希薄なうえ、外国人問題への反対姿勢をことさらに日本人の差別意識に結びつける「ステレオタイプの言論空間」も一因にあるようだ。(安藤慶太)

                   ◇

 ■冷淡?鈍感?

 17日に東京・九段の日本武道館で開かれた「外国人参政権に反対する一万人大会」。全国紙や通信社、在京キー局や海外メディアが多数集まった。

 「外国人参政権『拒否権を発動』亀井氏、反対集会で」(日本経済新聞)

 「亀井氏『外国人参政権付与は日本を滅ぼす』」(読売新聞)

 「『拒否権発動する』亀井氏、外国人参政権問題で表明」(朝日新聞)

 報道は国民新党代表、亀井静香郵政改革・金融相の法案への反対コメントを軸にした記事が目立った。大会参加者の一人は「報道内容は法案で日本が滅ぶと亀井氏が言ってるよ、という内容。国の根幹が激変し禍根を残せば、メディアにだって波及する。メディアは冷淡というより鈍感なのではないか」という。

 ■理論的支柱の転向

 本紙は参政権問題を積極的に取り上げてきた。推進論の理論的支柱だった長尾一紘(かずひろ)中央大教授が転向し、法案を憲法違反と述べている事実もその一つ。推進派が「在日韓国・朝鮮人は自分の意思に反し日本に住んでいる」と強調する論拠も、戦時中の徴用令で日本に渡航後、昭和34年に残った実際の朝鮮人の数が、わずか245人と判明。「日本政府が本人の意志に反して日本に留めた朝鮮人は犯罪者を除き一人もいない」と外務省が明らかにした事実も伝えた。地方議会、国境、離島で危機感が強まり、反対意見書の採択が相次ぐ事実も報じた。

 しかし、こうした報道を他紙で見る機会はまれだ。本紙報道のたびに「今まで他の新聞を読んでもわからなかった外国人参政権の問題点を初めて知った」といった反響が寄せられる。

 ■社説は表明も…

 外国人参政権への全国紙の立場は大きく二分している。朝日、毎日が推進で、産経は反対。朝日は特に熱心で鳩山内閣発足後の昨年11月23日付社説「まちづくりを共に担う」で「地域社会に根付き、良き隣人として暮らす外国人に、よりよいまちづくりのための責任を分かち合ってもらう。そのために地方選挙への参加を認めるのは妥当な考え方だろう」などと述べた。

 読売は以前推進だったが徐々に軌道修正。慎重論を経て現在は反対となった。

 沈黙していた日経も今年1月16日、「参政権は憲法や民主主義の根幹にかかわる」と初めて社説で取り上げ慎重な対応を求めた。

 社説で立場を明らかにしながら、記事は沈黙がちなのはなぜか。拓殖大学大学院の遠藤浩一教授は「ステレオタイプの言論空間」の存在を指摘する。「国家の在り方と口にしただけで軍国主義と結びつける病がわが国にはある。メディアが国を語るのを忘れ、報道にも及んでいるのではないか」とし、「外国人参政権への正当な反対の声すら、ことさらに外国人差別と結びつけたがる。メディアの閉塞(へいそく)こそが全体主義を招く問題なのに…」と話す。

【関連:外国人参政権】
福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める
石原知事、外国人地方参政権付与「東京は絶対反対」
「国籍のバーゲンセールやめて」国内外から切実な声
急増する中国系永住者 背後に本国政府の影
韓国では導入 日本に実現うながす「戦略」

「どないなっても知らんぞ」 公共工事の下請け強要未遂容疑で男を逮捕 大阪(産経新聞)
<不審死>入所の94歳女性虐待か 体にすり傷 愛知の施設(毎日新聞)
心励ます駅の書、作者は?渡航前に名前明かす(読売新聞)
「地球の自然感じることできてうれしい」 山崎さんが感謝の言葉(産経新聞)
石塔 「韓国に返して」市民団体が要望(毎日新聞)
posted by イチヤナギ ヨシユキ at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

専用サポートカウンター設置=足止め客向け−成田空港会社(時事通信)

 成田国際空港会社は19日、アイスランドの火山噴火によって空港内で足止めになっている利用客向けの専用サポートカウンターを第1、2旅客ターミナルビルに各1カ所開設した。
 シャワー券や英字紙の無料配布、有料待合室の無償提供を行うほか、インターネットが自由に使えるノートパソコンを設置する。利用時間は午前7時から午後10時まで。 

<自殺>思春期までに親自殺なら率は3倍 スウェーデン調査(毎日新聞)
介護老人施設で虐待か=裸を撮影、ベッドに落とす−栃木(時事通信)
障害者自立支援法訴訟が終結(産経新聞)
舛添氏、23日に新党旗揚げ=22日離党届(時事通信)
<トキ>ペア1組「抱卵」放棄か 新潟・佐渡(毎日新聞)
posted by イチヤナギ ヨシユキ at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

高校球児が強盗未遂男を“キャッチ”(産経新聞)

 私立堀越高校(東京都中野区)の野球部の1年生男子部員2人が今月13日、八王子市の郵便局で不正に現金を引き出そうとして逃げた男を取り押さえた。警視庁高尾署は“ファインプレー”をみせた新入部員2人に感謝状を贈る方針だ。

 同署によると、男は13日午後2時35分ごろ、八王子市初沢町の郵便局で不正に入手したキャッシュカードを使い、ATM(現金自動預払機)で現金を引き出そうとしたという。

 男は警報で駆けつけた郵便局員を突き飛ばし逃走。部活を終え、近くのバス停にいた2人は「捕まえてくれ」という声を聞き、約40メートル先の路上で取り押さえ、署員に引き渡した。

 同署によると、事後強盗未遂の現行犯で逮捕されたのは、住所不定、職業不詳の小林輝久容疑者(31)。容疑を認めている。

 堀越高は甲子園に春夏合わせて10回出場した強豪校。 

あおぞら銀元行員を逮捕=インサイダー取引−東京地検(時事通信)
【チャイム】東大門670年ぶりに開門 解体修理のため(産経新聞)
<普天間問題>鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
<薬師寺>映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
鳩山首相、「5月決着」伝達=普天間で米大統領に(時事通信)
posted by イチヤナギ ヨシユキ at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。