2010年04月05日

与謝野・平沼新党、8日にも結成…まず5議員で(読売新聞)

 自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相と無所属の平沼赳夫・元経済産業相が、8日にも新党を結成する見通しとなった。

 新党に参画する与謝野氏の盟友の園田博之・元官房副長官、平沼氏に近い藤井孝男・元運輸相を交えて5日に会合を開き、最終的な協議をする。

 結党時は5人となる見込みだが、自民党離党者や元国会議員らが加わってさらに増える可能性もある。

 新党は今夏の参院選で、選挙区、比例選ともに候補者を擁立する方針だ。「民主党の単独過半数阻止」を掲げ、反民主票の受け皿となることを狙う考えだ。

 与謝野氏は3日昼、自民党の谷垣総裁と会い、7日付の離党届を提出した。大島幹事長は3日、福岡県で記者団に、与謝野氏を除名などの厳しい処分にする意向を示唆した。

 園田氏は3日、熊本県内での会合で、「民主党に反対したいという人たちを自民党だけで吸収できないのなら、分裂ではなく、少人数でもいいから別の党を作ってなるべく多くの人を吸収し、民主党を挟み撃ちにしてやっつければいい」と語った。週明けに離党届を提出する考えだ。

 藤井氏も3日、岐阜市で記者団に、「一つの大きな決断をする時かなと思う。新しい体制の中でやるというのは、長い目で見て自民党の再生になる」と述べた。

 与謝野氏らは、昨年の衆院選で高知1区から無所属で出馬して落選した橋本大二郎・前高知県知事、先に自民党を離党した鳩山邦夫・元総務相との連携も模索している。鳩山氏は3日、新党参加に意欲を示した。このほか、平沼氏に近い自民党の中川義雄参院議員らの名前もとりざたされている。

亀井案を容認=「閣内にいるから」−仙谷氏・郵政改革(時事通信)
パンダが自然交配=順調なら7〜9月出産−和歌山(時事通信)
国民生活センター理事長、応募33人全員が不合格(読売新聞)
<中国政府>日本人3人死刑執行通告 外相、駐日大使に懸念(毎日新聞)
首相動静(4月1日)(時事通信)
posted by イチヤナギ ヨシユキ at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。